アツラ沢の頭

アツラ沢の頭~込岳~二王山

アツラ沢の頭(1513m)~込岳(1309m)~二王山(1208m)
井川と安倍川の間には複雑に入り組んだ山稜がある。某氏曰く、「ヤブ山愛好家にとっては見過ごすことの出来ない山域」なのだそうだ。がんじゅさんに連れられ行って来ました。
注:一般ルートではありません。ルートファインディングが必要です。

富士見峠から遊歩道散策?

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0001.jpg

富士見峠 2005/5/5 10:05

富士見峠でバスを降りる。身支度を整え勘行峰へ向けて稜線上に整備された遊歩道を歩く。天気もよくピクニックを楽しむ人が多かった。1200mの三角点には三角点にまつわる逸話が掲げられていた。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0004.jpg

稜線避難小屋 2005/5/5 10:20

ほぼ平坦な道中は展望広場、ピクニック広場、稜線避難小屋、お茶壺屋敷跡などあり飽きさせない。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0005.jpg

遊歩道 2005/5/5 10:23

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0006.jpg

1200m三角点 2005/5/5 10:33

大日峠

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0008.jpg

大日峠 2005/5/5 10:30

大日峠を過ぎ、駐車場脇の車道に出ると、日差しで熱せられた舗装路を歩かねばならなかった。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0009.jpg

お茶壺屋敷跡 2005/5/5 10:33

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0013.jpg

大無間 2005/5/5 10:41

長い道のり

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0016.jpg

巻き道 2005/5/5 11:20

大きなカーブで山道へ入り、多数の小さな尾根が入り組んだ巻き道を抜け出ると西側に牧場が広がる。大無間山や井川湖方面の展望がよい。リバウェル井川スキー場を過ぎてしばらく歩くと静岡県民の森の管理棟がある。今日は勘行峰の山頂はやり過ごした。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0018.jpg

イワカガミ 2005/5/5 11:29

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0019.jpg

牧場の向こうに井川湖 2005/5/5 11:47

アツラ沢の頭(1513m)

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0025.jpg

アツラ沢の頭 2005/5/5 13:06

車道から稜線上の登山道に入るとすぐにアツラ沢の頭に着いた。別名奥仙俣山。三角点があり展望はないが明るい山頂だ。休憩と昼食、そしてヤブ漕ぎの準備をして出発。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0027.jpg

1400m付近 2005/5/5 13:36

最初の目標1380mコブ

アツラ沢の頭からまず東に進路を取って1400mまで下る。そのまままっすぐ下るとハマる。実際ハマりました。1400m付近に赤テープがまかれた木が2本あって、1本は1つの輪、もう1本は2つの輪で巻かれている。後者の木の南斜面を下るのだ。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0028.jpg

1380mコブ 2005/5/5 13:46

そうすると1380mのピークへ続く尾根に乗れる。結果的にそうであったのだが、地形図とコンパス、高度計を駆使しルートファインディングする必要がある。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0029.jpg

1330m付近の林道 2005/5/5 13:56

激しいヤブ

尾根の南面の下方の林道が見えた。地形図にない林道でガードレールの色の白さからも新しいことがわかる。作業小屋もあった。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0030.jpg

激ヤブ 2005/5/5 14:10

しばらくするとと急にヤブが濃くなってくる。そのうち激ヤブになった。がんじゅさんにはいつも先頭をお願いして申し訳ない。ササが古く粉まみれになって歩かねばならない。口の中や鼻の中が粉っぽい。私はたまらずゴーグルとバンダナでマスクをした。ヤブ山スタイルだ。一瞬展望が開けたらこれから行く尾根、込岳、二王山が見えた。このヤブがあそこまで続くと思うとぞっとする。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0033.jpg

込岳・二王山 遠望 2005/5/5 14:16

次の目標1240mコブ

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0035.jpg

1240mコブ 2005/5/5 14:45

ヤブを通り抜けると1240mのコブに出た。ここからはなぜかササが1~2mの幅で刈り払いされていた。作業道なのか。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0037.jpg

1190mコル 2005/5/5 15:12

1190mのコルには沢筋に水が湧いているという情報があった。探してみると少量だが確かに湧いていた。水たまりと見間違うくらいなので煮沸消毒は必要だろう。シカもヌタってそうだし。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0038.jpg

2005/5/5 15:36

かなりバテてきましたよ

コルから1221mピークを経て込岳へはわかりやすい尾根道で刈り払い個所も多いが途中ヤセ尾根もあり急登なので気を抜かず歩いた。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0039.jpg

白い石 2005/5/5 15:40

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0042.jpg

イワカガミ群生 2005/5/5 15:58

左の写真は道中で見つけた真っ白い石。 また、この辺りにはイワカガミが多く咲いていた。

込岳 (1309m)

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0044.jpg

込岳 2005/5/5 16:08

山頂は杉の植林と自然の雑木林の境にあった。植林側は下草もなくテントが快適に張れる。今日の行程はここまでとし、ゆっくり休んだ。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0045.jpg

込岳 2005/5/6 4:56

2日目

天気は下り坂で午前中にも雨が降り出しそうだという予報。3時30分に起床し4時30分に出発しようとしたがあたりが暗いので5時に出発した。込岳の東尾根は非常に急で驚いた。すざまじい急斜面を慎重に下っていく。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0049.jpg

込岳東尾根の急な下り 2005/5/6 5:14

左の写真を見ると45度の傾斜がある下りであることがわかりますよね。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0051.jpg

スッペン河内崩れ 2005/5/6 5:39

スッペン河内崩れ

尾根を降りながら先のガレに引き込まれないよう縁をねらって北よりのブッシュを進む。大きなガレが見えてくる。「スッペン河内崩れ」だ。名前の奇抜さだけであこがれていたガレだ。まだ雨は降っていないのだが何かが崩れ落ちる音が聞こえる。足元もところどころに亀裂が入っていて今にも崩れそうに思えてしまう。木の根っこがなんとかふんばっているように見える。ガレから見える山々はガスが覆っていた。天気は下り坂だ。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0056.jpg

ヤセ尾根の下り 2005/5/6 6:18

急ぎ足でスッペン河内崩れを通り過ぎると1072mのピークに出る。そしてヤセ尾根を下ると厳しい登りが待っていた。しかしこれが最後の急登だ。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0060.jpg

黄色い見出し票 2005/5/6 6:57

今回の山行では黄色いプラスチック製の静岡県と記された見出し票が随所に見られた。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0061.jpg

1208m三角点峰 2005/5/6 7:00

二王山

10数年ぶりの二王山だ。二王山の山頂付近はなだらかで穏やかな山といった感じだ。山頂は二重山稜となっていて西のピークに三角点があり西の展望がきく。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0063.jpg

2005/5/6 7:01

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0065.jpg

2005/5/6 7:07

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0074.jpg

二王山山頂へのコル 2005/5/6 7:25

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0078.jpg

安倍川東山稜 2005/5/6 7:31

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0079.jpg

2005/5/6 7:31

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0080.jpg

2005/5/6 7:31

東のピークは山名票があって東の展望がきく。雨が気になり時間はあるのだがゆっくりせずに下山した。ここからは一般ルートであり踏み跡も明瞭である。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0083.jpg

2005/5/6 7:56

湯の森の二王山登山口へ

初夏のような彩りの緑の中、下っていく。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0087.jpg

ツツジ 2005/5/6 8:49

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0088.jpg

二王山登山口 2005/5/6 8:53

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0089.jpg

湯の森バス停 2005/5/6 8:55

湯の森

湯の森に到着。バスが来るまで1時間ほどあった。 (左下)通学路の注意書き看板。小学生をあらわすイラストが妙に大人っぽい。ローアングルだし。 (右下)入島の茶畑。ジグソーパズルのようでおもしろい。 帰路は静鉄ジャストライン梅ガ島線に乗り静岡市街へ。静岡温泉「美肌湯」に入り疲れを癒したのだった。ヤブ&ルーファンを担当してくれたがんじゅさん、いつもながらありがとうございました。


https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0092.jpg

入島の茶畑 2005/5/6 9:18

Photo: NIKON COOLPIX4300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。