沼津アルプス 2005年4月17日

沼津アルプス 2005年4月17日

トレーニングをしようと思ったとき、沼津アルプスを思い出す。春山行の準備で沼津アルプスへ。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0154.jpg

原木駅JR東海道線

三島駅にて伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り換える。原木(バラキ)駅にて下車。西へ歩き国道を渡って南に10mくらいの路地をさらに西へ。狩野川の土手に登り、赤い橋を渡る。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0155.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0156.jpg

神社

土手沿いの道の向こう側に降りて南へ車道を進む。神社がある。ここが今回の登山口だ。急な石の階段を登って神社にお参り。境内の右から裏山へ取り付く。背丈ほどのササヤブを漕ぐこと10分ほどで南側からのびている登山道に出た。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0157.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0159.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0166.jpg

茶臼山

北に進むとほどなくして茶臼山だ。うっかりすると通り過ぎてしまいそうな山頂である。すでに沼津アルプスの稜線上であるのでここからはひたすら稜線を歩くのだ。(里の音混じりの山の音)

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0163.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0165.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0167.jpg

大嵐山

次は大嵐山(日守山)。日守山公園があり、木とロープでできた迷路の遊具の裏に出た。ここから先は誰かが名づけたらしい奥沼津アルプスという言葉通りの味わいがある稜線だ。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0171.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0176.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0177.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0179.jpg

稜線漫歩

自然の雑木と尾根歩きを楽しむ。はしごが2カ所にかかっていた。天気がよくまるで初夏のような陽気だ。すぐにTシャツ姿だが汗だくになった。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0180.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0181.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0184.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0188.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0190.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0194.jpg

大平山

大平山の手前はなかなかの急登である。大平山の山頂では多くのハイカーが休憩していた。奥沼津アルプスも人気があるようだ。整備した地元の方も嬉しいのでは。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0200.jpg

岩尾根

大平山からしばらくの間、岩尾根が続く。変化があって楽しい。この次のピークはコース中の最高峰、鷲頭山である。南から登ると、北から登るより、斜度が緩やかに感じる。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0196.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0198.jpg

鷲頭山

山頂では桜がまだきれいに咲いていた。ここから見る伊豆の山々や海の眺めもよかった。春の陽気でしばしぼーっとしてしまう。少し食事をとった。鷲頭山まで来るとかなり安心する。ハイカーも多い。でも北から南向きに歩く人の方が多いようだ。鷲頭山がゴールという設定だろう。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0203.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0204.jpg

小鷲頭山

鷲頭山からの下りは急で滑りやすい。気をつけて降りていく。小鷲頭山の山頂脇に「本三位中将平重衛(中将さん)・終焉切腹之場」と奉られた場所ができていた。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0205.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0206.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0208.jpg

中将さん・志下峠

小鷲頭山から少し下った「中将さん」の隠れていた岩への分岐で以前のルートは通行止めになっており、中将さん経由で志下峠へ出るよう案内されていた。鷲頭山北面の尾根がずいぶん荒れたための措置であろう。荒れた稜線が自然の治癒力で復活するといいね。さて志下峠といえば、ぼたもち岩。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0207.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0209.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0210.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0211.jpg

馬込峠

ぼたもち岩からは通常ルートでここから志下山までは気持ちのよい道だ。日が高く初夏のような雰囲気だった。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0212.jpg

志下山

志下山からは鷲頭山がかっこいい。志下坂峠から象の首へ至る道からの眺めがすばらしい。(音:峠付近で)

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0213.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0215.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0216.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0217.jpg

徳倉山(象山)

徳倉山(象山)に着くころにはすれ違うハイカーはいなくなった。私の疲労度合いも増してきた。ここからどう集中力を持続して歩くかが訓練なのだ。暑くて水の消費が激しい。いつもより多く飲んでしまう。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0218.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0221.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0222.jpg

横山

道標だらけだな。道標コレクションだ。さて横山に着く。横山トンネルの上にある山だ。ここまでくればもう一息、かなり安心する。しかし前回より時間がかかってるなー。横山を下り、車道に降りるとそこが八重坂峠だ。車道を南へ100mくらい歩き、車道の反対側にある香貫山登山口へ取り付く。1段上の車道に上って舗装路をゴルフ練習場まで歩く。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0223.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0224.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0225.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0226.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0228.jpg

香貫山

ゴルフ練習場の北側を巻くように歩いていくと香貫山の山頂は近い。香貫山は山頂直下まで車で入ることができ、みやげもの屋や展望台があって家族づれでにぎわっていた。山頂は電波塔があってとりたてて感慨はない。写真を撮って山の北側を降りていく。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0227.jpg

狩野川

県道に降り立つと沼津アルプスの縦走は終了だ。ここからは県道の反対側にある狩野川の河川敷沿いに歩いて沼津の市街地へ。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0230.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0231.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0232.jpg

沼津駅

途中、歩道の橋を渡って中央公園に出て沼津駅へ歩いた。時間はかかったが前回より疲れは少ないように感じた。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0178.jpg

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0199.jpg

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2021/09/dscn0201.jpg

Photo: NIKON COOLPIX4300
Cording: Panasonic SJ-MR240
Mike: audio-technica AT9470

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。