」カテゴリーアーカイブ

2017年8月5日

ドイツの同僚の計らいでハイデルベルクを案内してもらいました。ハイデルベルクはドイツ南部にあるお城がある街です。

ネッカー川の北側にある哲学の道を西側から歩き始めます。哲学者や詩人が散歩していたということです。

坂道を登ると南側の展望がひらけてきます。道の脇にはアイス売りがいました。Stuttgartの動物園で見たアイスと同じものでした。

ネッカー川にかかる古い橋が見えます。その奥にお城が見えます。

古い橋へ向かって降りて行きます。石畳です。何度も補修されているようです。

くねくねしています。攻めにくい構造なのでしょうか。

古い橋(Old Bridge)です。

橋を渡ると特徴的な白い塔があります。

城下町

飴屋さん。流れ作業でぽんぽんできてきます。

お城は小高い場所にあります。ベルクバーンに乗って行きます。

歩いてもさほどでもありません。

お城の裏側です。はりぼてです。

古い建物が多く残っています。

世界的にも最大級のビア樽。とにかく作ってしまおうという精神はいいね。

ビールが好きなんだなー。それは理解した。

朽ち落ちた塔。落ちる瞬間はどんなだったでしょうか。廃墟に育つ草木が素敵。

ホテルツムリッター

居酒屋?箸と醤油があります。お寿司らしきものが回転していました。

帰りは城下町をぶらぶらしていきました。

おわり。

京都

20070602_kiyomizu.jpg6月2日から1泊で京都へ。町内組合の恒例行事の旅行に参加した。修学旅行シーズンなのでどこも学生が多く、混雑していた。南禅寺、清水寺、三十三間堂、金閣寺、大原三千院、嵐山、を見物。清水寺は世界遺産のためか特に人が多かった。三十三間堂ではたくさんの観音様がいるので一仏づつ お顔を見ていると時間が足りない。表情が違っておもしろいのだが。京都御所が宿から近かったので歩いてみた。広くて驚く。軽飛行機なら離着陸できそうだ。

岳南鉄道の1日フリー乗車券

20060430_gakutetsu.jpg岳南鉄道(岳鉄)は土日祝日のみ利用できる1日フリー乗車券がある。公共交通機関で山へでかけるときにはいつも利用している。以前はぺらぺらの紙だったが、今日買ってみると厚紙で、通常の岳鉄の切符が大きくなったようなものになっていた。岳鉄の切符はぺらぺらの磁気式でなく、昔風の厚紙切符なのだ。なぜか今年の干支である戌のイラストが描いてあった。

茂木の盆踊り大会

20050820_bondance.jpg山へ行った帰りに栃木県茂木町で盆踊り大会が行われることを知った。さっそく茂木小学校へ見に行きました。中央に大きなやぐらが組まれ生歌での盆踊りでした。曲目はなぜかひとつ?で延々とリピート。歌い手が疲れるだろうと思ったら交代していた。「アア~もてぎよいとこ~」てな地元賛歌の歌詞でした。そして踊り子さんはチームごとにエントリーして優勝すると賞品がもらえるようだった。中には電車男チームなんてのもあった。
皆楽しそうでよかったけど、まともに踊れる人が少ないようだった。

有東木の盆踊り

青笹山のふもと、有東木は安倍川流域の集落でわさびの栽培をはじめた場所で有名である。
有東木の盆踊りは国の重要無形民族文化財だそうである。以前から気になっていたので見に行った。
内容は、昔から伝わる踊りや現代のもの、マツケンサンバのような流行歌など、いろいろな局に合わせ踊っていた。伝統的な踊りは男踊りと女踊りに分かれていて男女の出合の場として機能していたことがうかがい知れた。中心には太鼓を打つ人と、お城を模した飾りを頭上に掲げて踊る人がいた。(詳細は文中リンク参照)
皆さん楽しそうに踊っていたのが印象に残る。進行役が「有東木、最高っ!」と煽っていた。あんなに楽しそうな盆踊りは初めて見た。

山居倉庫

20050723_souko.jpg酒田市観光ということで山居倉庫へ寄った。山居倉庫は100年以上前にも作られた倉庫で現在も使用されているとのこと。下の写真が表で上が裏である。大きなケヤキ並木と黒塗りの倉庫の対比がきれい。雪景色だともっといいだろうな。

土門拳記念館

鳥海山へ登る前に、山形県酒田市にある土門拳記念館へ寄った。
「古寺巡礼」で有名な写真家である。仏像や寺院はそれ自体が芸術性の高いものが少なくないようだが、それをカメラで撮影するとどうなのか。私の感想、
写真ではないみたい。絵画のような...。
寺の写真を見ると、雰囲気がよく伝わってくる。
薄暗く静かな、諸行無常と行ってる割には永遠の静寂を感じさせるあの雰囲気。
仏像は今にも動きそうだけどね。
嬉しかったのは記念館の中庭にイサムノグチの作品があったことだ。
彫刻と中庭の設計で参画。彫刻の作品名が「土門さん」だって。親近感がいいね。

偕楽園

20050313_kairakuen.jpg水戸にある偕楽園はお国自慢(旅の心)のページによれば日本三大名園のひとつなのだ。2月20日から3月31日までは梅まつりが行われ園内を観梅する観光客でにぎわう。私もまじってみた。この日は真冬並みの寒さとなり、公式発表によると六分咲きだそうだ。もう一度 暖かくなればもっとよくなるのではと思われた。私は風邪をひいて鼻が詰まっていたので梅の香りはわからなかった。偕楽園は景色もよく、いろんな植物が植えられているので季節が変わるごとに訪れてみたい。

牛久大仏

20050213_usiku.jpg茨城県牛久市に世界一大きな大仏様がおられるそうな。現地で確認してきた。身長120mでブロンズ製、ギネスブック認定。確かに大きい。内部はエレベータや土産物屋がある。詳細は牛久大仏同盟あたりをご覧あれ。

鹿島神宮

20050205_kashima.jpg体調がおもわしくなかったので山へ行くのはやめて鹿島神宮へ行ってみた。なるほど日本三大神宮の候補?だけあって杉林に囲まれた立派な神社だ。杉林には「神域につき立ち入り禁止」と書いてあった。そして多くの鹿を飼っている。そういえば奈良にもたくさんいるな。深南部にもたくさんいるし。だんだん神々しい生き物のように思えてきたぞ。黒法師岳近くの鹿ノ平に住んでる鹿はたくましいよなー。