月別アーカイブ: 2005年3月

ストーブ

コッヘルが痛んできたので新調しようかとwebサイトを見ていたら、SIERRA STOVEというのを見つけた。たき火の下からモータ駆動のファンであおって炎を上げるものだ。これはいい、自作できないかな。ESBITと組み合わせて
強力な火気になるかも。あれこれ考えるのも楽しい。

伊香保温泉

20050326_ikaho.jpg伊香保温泉は10年くらい前に一度来たことがある。その時も山の帰りで、石段の湯に入ったっけ。今日は石段の最上部からもうちょっと歩いたところの源泉の脇にある露天風呂に入ってみた。かけ流しの源泉100%とのふれこみだ。ぬるめの湯とあつめの湯に分かれた浴槽はそれほど広くない。ぬるめの湯は長湯にほどよい温度で、いつまでもそこにいてしまう感じ。下の写真はザゼン草で、赤城山の山麓に群生地があった。もう花は終わりだったが、私は初見なので感激。

赤城山へハイキングへ行った>敗退

20050326_akagi.jpg山頂にたどり着けませんでした。スノーハイクのつもりが雪山じゃん。積雪は1~1.5mくらい。樹林帯、トレース無し。ふんわり雪。急斜面。登山口で-8℃。体力の問われる環境ですが、残念ながら私にはありませんでした。4時間くらいうろうろして下山しました。寒いし、風も強いし、雪降ってるし、と自身に言い訳しながら...。人の足跡はまったくないけど、動物の足跡がいっぱいあったり、緩斜面ではスノーシューで遊んだのでよかったかな。でも疲れて今の今まで寝てましたから、雪山は疲れる。
一方、榛名山(榛名富士)はほとんど雪がありませんでした。登らなかったけど。
伊香保温泉でのんびりしたのです。情緒のあるよい温泉です。

>明日は赤城山・地蔵岳へ軽いハイキングに行ってきます。雪がどのくらいあるのか楽しみ。次の日は余力があったら榛名山でも見物に行こうか、伊香保温泉でのんびりするか。ようするにレッツゴー群馬なわけですが、杉花粉だけが気がかり。

今日の献立

20050319_ryouri.jpg今日は時間があったので夕飯の自作をした。冷蔵庫の余り物で作成。オニオンスープとポテト入りオムレツ、白米である。なんかヘルシーだな。記録のためにレシピを残そう。
【オニオンスープ】
1.材料
タマネギ1個、コンソメスープの素1個、ベーコン2枚、サラダ油、塩、こしょう、水2カップ
2.製作ログ
タマネギは薄く輪切り、ベーコンは5mmくらいで切断。
鍋にサラダ油を熱してでタマネギをしんなりするまで中火で炒める。ベーコンも途中で入れる。
炒めるのに飽きてきたら水とスープの素を入れて加熱し、沸騰させる直前で弱火。
10~15分経過の後、塩こしょうで味をととのえてできあがり。
【ポテトオムレツ】
1.材料
卵2個、ジャガイモ小1個、塩、こしょう
2.製作ログ
ジャガイモは皮をむいてサイコロ状に切断。
耐熱皿に入れてラップをして電子レンジで3~4分間加熱しておく。
卵はボールにあけて、手首が痛くなるまで攪拌。
熱したフライパンに攪拌済み卵をいれ、焼く。
適当なところで加熱済みサイコロジャガイモを追加。
塩こしょうを適当に入れる。
うまくまとめてできあがり。私はぐちゃぐちゃになってしまった。

焼きまんじゅう

20050313_yakimanju.jpg出張で群馬の伊勢崎に行ったので、焼きまんじゅう屋「大甘堂」へ寄った。焼きまんじゅうを食べるのは初めてだ。5cmくらいのまんじゅうが串に4つ刺してある。外はぱりっと焼かれていてなかはふんわりしている。みそ風味のたれも香ばしく、とてもおいしかった。

偕楽園

20050313_kairakuen.jpg水戸にある偕楽園はお国自慢(旅の心)のページによれば日本三大名園のひとつなのだ。2月20日から3月31日までは梅まつりが行われ園内を観梅する観光客でにぎわう。私もまじってみた。この日は真冬並みの寒さとなり、公式発表によると六分咲きだそうだ。もう一度 暖かくなればもっとよくなるのではと思われた。私は風邪をひいて鼻が詰まっていたので梅の香りはわからなかった。偕楽園は景色もよく、いろんな植物が植えられているので季節が変わるごとに訪れてみたい。

ぱらぱらマンガへの道

20050306_parapara.jpg前に秋月電子でグラフィック液晶表示モジュールを購入した。絵が表示できるので、これを使って「ぱらぱらマンガ」を作ろうと思ったのだ。今日は早速、ハードの作成と最初の1枚の表示までソフトを書いた。苦労の末、Hello yanMOS!と表示されたときは感動でした。さて次はマンガを描こう。

歩ける寝袋

20050302_shuraf.jpg「変なものがある。」通販生活のあるページを見せてくれた。一見すると足が長いピグモンのようだが「歩ける寝袋」ということだ。足が独立しており、ジッパーで足が出せる。そして歩く。私は寝袋を6つ持っているがこれは初めて見るスタイルだ。寝袋のまま歩き回ることができる。羽毛で500フィルパワー。だが高価だ。税込43,050円也。廉価バージョンとなるであろう次のモデルをねらおう。(次があるのか?)