月別アーカイブ: 2005年7月

撮影用ライト

20050730_light.jpg絵はがきを写真撮影する時に便利なライトを作った。作ったっていうほどのものでもないか(^^;)。アイデアはELM-chan氏のものを借用です。天井に吊り下げる蛍光灯を中古屋から探してきて、傘をはずしてひっくり返す。シーリング部を外してコンセントプラグを付け、背景用に青色のプラスチック版を貼った。蛍光灯の高さは調整の余地があるな。
さて何に使うのかというと、山登りで余裕があるとはがきにスケッチをしており、描き上がったものを撮影するのに便利なのだ。

やまぶし温泉ゆぽか

20050725_yupoka.jpg鳥海山の帰りにお風呂を探した。汗くさい野人から文明人に戻るためだ。例によって温泉をさがし、羽黒山の麓に「やまぶし温泉ゆぽか」を見つけた。やまぶし!やんぶし?ここに決めた。無色無臭の塩辛い温泉。実は山登りで日焼けしたあとだったので、とても焼けた肌にしみた。(日焼け止めを忘れたのだ)350円(休憩室不使用)でシャンプー・ボディソープ、サウナ(小さめ)付き。安くていいです。

鳥海山

7月24日~25日で鳥海山へ行きます。標高差が一番小さくて楽な湯ノ台口から登るか、もっと下の家族旅行村から登るか、葛藤中。暑いし、楽な方にするかなー。

行ってきたので山行報告。
湯ノ台口から山頂を巡り、御浜小屋に泊まって、千畳ガ原経由で戻る周遊コース。車道で標高1200mまで上がってしまったのだが、車道の両脇を見るとブナの密林だった。つまりブナをなぎ倒して作った道路を利用して来たのだ。
でも千畳ガ原は感激しましたね。ほとんどWindows XPのデフォルトのデスクトップ画面と同じ背景じゃん。
写真の野草はチョウカイフスマだそうだ。鳥海山の固有種。七高山の山頂手前で見られた。

山居倉庫

20050723_souko.jpg酒田市観光ということで山居倉庫へ寄った。山居倉庫は100年以上前にも作られた倉庫で現在も使用されているとのこと。下の写真が表で上が裏である。大きなケヤキ並木と黒塗りの倉庫の対比がきれい。雪景色だともっといいだろうな。

土門拳記念館

鳥海山へ登る前に、山形県酒田市にある土門拳記念館へ寄った。
「古寺巡礼」で有名な写真家である。仏像や寺院はそれ自体が芸術性の高いものが少なくないようだが、それをカメラで撮影するとどうなのか。私の感想、
写真ではないみたい。絵画のような...。
寺の写真を見ると、雰囲気がよく伝わってくる。
薄暗く静かな、諸行無常と行ってる割には永遠の静寂を感じさせるあの雰囲気。
仏像は今にも動きそうだけどね。
嬉しかったのは記念館の中庭にイサムノグチの作品があったことだ。
彫刻と中庭の設計で参画。彫刻の作品名が「土門さん」だって。親近感がいいね。

AVR搭載模型自動車

20050705_motorcar.jpgATMELのAT90S2323が余っていたので折を見て田宮模型の四輪駆動車キットに載っけてみた。AT90S2323は8ピンで小さいのだが、I/Oが3ピンしかないので使い道がなく余っていたのだ。今回製作した機能はボリュームでモータを可変速するだけ。発振回路とコンパレータの組み合わせでできるじゃん、とつっこまれそうなのだが、はじめにAT90S2323ありきなのだ。プログラムは短いソースの割に苦しんだ。回路図とプログラムリストは電子工作のコーナーで近日中に公開します。