仙台土産

20070923_pdding.jpg久しぶりの仙台出張。ついお土産をたくさん買ってしまった。
支倉焼、萩の月、笹かまぼこ、おつまみ牛タン、 檸檬(れも)、
「れも」は福島土産。仙台駅で購入したけど。
今回の出張で一番のサプライズは客先で幼なじみに会ったことだ。
中学、高校、大学と同じ学校だったのだ。そんな彼のHPは
http://www.tsuyuki.tv/
とても凝った内容だ。久しぶりに会ったけど元気そうで何よりでした。
支倉焼
http://www.fujiya-senshu.co.jp/
檸檬
http://www.usukawa.co.jp/
萩の月
http://www.sanzen.co.jp/home.html
番外:萩の月を探せ
http://www.ousaru.com/moon/

プッチンプリン

20070923_pdding.jpg大きなプリンを頂いた。プッチンプリンなのでお皿にひっくり返してプッチンすると、ぼよーんっと揺れるプリン。大きい。1人では食べきれないので3人で分けた。プリンうまし。

山伏

20070922_yanbushi.jpg夏の山伏は久しぶり。がんじゅさんと登る。こよみは秋だが、まだまだ残暑が厳しい。でも高度を上げるにつれ涼しくなる。鳥の声もなんとなく寂しげに感じた。

根子岳~四阿山

20070820_nekko.jpg夏期休暇が21日までなので、人気のある有名な山へ平日に行こうシリーズ。
今回は菅平高原から根子岳~四阿山を歩いた。花がたくさん咲いていた。マツムシソウ、マルバダケブキ、ヤナギランが目立っていた。アルペンムードもあり、こりゃ人気が出るわ。しかし往復8時間の運転はひとりだと退屈。
写真は根子岳。

小型版 便利ボード

20070817_benrie.jpg以前に製作した便利ボードはちょっと大きいので同じ機能の小型版を製作した。USBシリアル変換にはFT233Rを使用。プログラムの書き込み時にブートモードに設定するのは以前作ったソフトを利用した。

書込時のバッチファイルはこんなぐあい。

FT232RCBUS.exe w 1100   ' ブートモード、リセット状態
FT232RCBUS.exe w 1000   ' ブートモード、リセット解除
FDT.lnk          ' フラッシュ書き込みツールを起動
pause
echo ターゲットシステムを起動します。
FT232RCBUS.exe w 1100   ' ブートモード、リセット状態
FT232RCBUS.exe w 0100   ' ユーザモード、リセット状態
FT232RCBUS.exe w 0000   ' ユーザモード、リセット解除

回路図は下記。まだ問題あるかも。

MICROTRACK24/96

20070808_microtrack.jpgM-AUDIOのMICROTRACK24/96を購入した。24bit/96kHzでサンプリングできるディジタルサウンドレコーダなのだ。スペックは高精度だが私の耳で違いが分かるのか?小さい音を録ることが多いのでなるべく量子化ビット数が多いものを考えたのだが。他に気になった製品はEDIROLのR09ZOOMのH4SONYのPCM-D1などなど。
さてこいつのデビューはどこのフィールドにしようかな。
(写真のマイクは付属品とは異なります)

MovableTypeを3.11から3.35へ変更

当サイトはMovableTypeを使用している。しばらくセキュリティホールやらスパム対策やらのメンテをしていなかった。
そんな近頃、本屋で「AjaxとPHPによるMovableType」なる本を見つけた。おもしろそうなのでチャレンジするのだ。まずは、この本が想定している環境に合わせて、MovableTypeのバージョンを3.3にアップグレード。データベースをバークレーDBからSQLのものへ変更。今回はMySQLより軽いと言われるSQLiteに変更した。
参考サイト:MTデータベースの相互変換CGIスクリプト

あと、アップグレード前にPHPをCGIで動かしていた設定をもとのに戻す。つまづいたら適宜対処し、なんとか作業は完了。
そして前述の本に従ってアクセスカウンタなどを付けてみた。なかなかおもしろい。
サイトをつぶさない程度にいじってみよう。

台風4号の爪あと

台風4号が私の住む地域にも大雨をもたらした。
道路は冠水し、床下浸水した家屋もあったようだ。愛鷹山の伏流水に恵まれる環境ならばこその、副作用である。
それに、自宅から100mほど離れた10mほどの段差がある斜面が崩壊した。コンクリートで固められた のり面が崩れ落ちていたのだ。昨夜遅くから水防団の方が監視していた。幸いにも崩れ落ちた場所は空き地であり、被害はなかった。
以前のその場所は竹林で覆われていた。30年前に大きな被害をもたらした七夕豪雨でも、竹林の斜面は崩れなかった。地下茎が土の流出を抑えてくれたのではないかと想像してしまう。ともあれ迅速な復旧作業を希望する。