Eサイコロ2002

AtmelのAVRを使用した簡単な電子サイコロです。


製作風景

ホストPCはIBMのThinkPad X20です。USBからRS232Cへ変換するアダプタを付けて、その先に秋月のAVRライターを接続しています。なぜかX20では背面のUSBでのみ認識し、横のUSBでは認識しませんでした。



Eサイコロ外郭

小さく作ろうとしまして、LED、レジスタ、コンデンサにチップ部品を使用しました。基板の右下の黒い丸がスイッチです。スイッチを押している間、コロコロ回転し、スイッチから離すとその時の目で止まります。



反対側は

20ピンのDIPがAtmelのAVR(AT90S1200A)です。その下のコネクタはISP用です。電池ボックスがなかったのでワニ口クリップで電源を供給しました。単5サイズの電池ボックスが似合いそうですが手にはいるかな~。



点灯のようす

視認性は3Vでも抜群です。電流食べすぎかな。

完成

電源はカメラ用リチウム電池のCR2をつけました。外装はPET板を切り抜いて箱を作りました。