日立H8用フラッシュ書き込みアダプタ

日立のMPU、H8のフラッシュROM書き込みアダプタです。


H8のフラッシュROMライターは多くの方が作成しWEBで公開されています。私も作ってみました。ターゲットはH8/3048Fです。

構成

  • RS-232Cレベル変換: ADM202
  • 5Vから12V生成: MAX662
  • タイミング制御: AT90S1200(発振子は8MHz)
  • 動作確認: LED
  • その他: プッシュスイッチ


右図が作成したボードです。RS-232Cのコネクタはエポキシ接着剤で基板に固定しました。ICは左からADM202、MAX662、AT90S1200です。動作確認用に緑色のLEDをつけてその左にプッシュスイッチをつけました。



動作タイミング

波形は上より5V、Vpp(MOD2と共用)、リセット信号、LED(Hレベルで点灯)、となっています。



使用方法

次の手順で書き込みます。

  1. ターゲット電源がオフの状態でケーブルを接続
  2. ターゲット電源をオン
  3. LED点灯を待つ
  4. プログラムを書き込む
  5. プッシュスイッチを押す
  6. LED消灯を待つ
  7. ターゲット電源をオフ
  8. ケーブルを脱着する


回路図(準備中) | プログラムリスト