リアルタイムふうOS>OSのワークエリア

<前      目次      次>

RTF-OS (RealTimeFoo OperatingSystem)


OSのワークエリアはアプリケーションで使用するタスク数、メールボックス数、イベントフラグ数、セマフォ数を定義して予め領域を確保する。

/* ユーザー定義 ここから */
#define N_TCB       10  /* TCBの最大同時定義数 [12byte/tcb] */
#define N_MBX       10  /* メールボックスの定義数 [6byte/mbx] */
#define N_FLAG      10  /* イベントフラグの定義数 [6byte/flag] */
#define N_SEM       10  /* セマフォの定義数 [6byte/sem] */
/* ユーザー定義 ここまで */

/* 実行制御用Queue */
static volatile que_type    TimerQ;     /* タイムアウト待ちQueue */
static volatile que_type    ReadyQ;     /* 実行待ちQueue */

/* TCB */
static volatile tcb_type    Tcb[ N_TCB ];   /* TaskControlBlock */

/* メールボックス */
static volatile mbx_type    Mbx[ N_MBX ];

/* イベントフラグ */
static volatile flag_type   Flag[ N_FLAG ];

/* セマフォ */
static volatile sem_type    Sem[ N_SEM ];

<前      目次      次>
2007/7/16 初版