秋といえば八代亜紀、安芸の島、そしてヤミ鍋。ですね。晩秋のヤミ鍋ツーリング。


大滝

 伊豆の天城は大滝にて。連日の大雨のためか、大滝の水量も多く、私達を飛沫でずぶ濡れ状態にする歓迎ぶりです。

五右衛門風呂

 五右衛門風呂ではしゃぐ野蛮人達。  もっと大きい風呂に入って体も洗いたかったよと、S氏談。しかし我々には知られてはいけない秘密があったのだ。そのため人目につかないこの風呂に入ったのであった。

ビールがぁっ!

 ビール缶が破裂。林道にブシューとビールを撒き散らす自然愛好家の私達。次回訪れる時は林道がジャングル化していないことを祈る。

野宿

ご機嫌な宴会場。私達に最高の夜をくれた丸太4本、ありがとう。


ヤミ鍋

 実はおでん鍋。結構まともな鍋でした。これ以外の材料も待機していたのですが、鍋が小さくて入りきれませんでした。補欠となった材料は以下の通り。 にんにく、えのき、しめじ、ベーコン、餃子、キムチのモト、根深、他 全て入ったとしたら、どんなに素晴らしい鍋となっていたかと思うと残念です。

朝食

 昨夜のあまり物での朝食。当然、朝っぱらから鍋ですよね。 キムチ風水餃子(鍋煮)、たくさんのニンニクと少しの根深入りベーコンエッグ(これが旨い!!) キムチスープ雑炊(通称ネコマンマ 味についてはノーコメント) 食後のコーヒー と普段味わえない、豪華な朝食でした。

テン場

 ごきげんなテントサイト。実は単なる空き地。 たき火用丸太がゴロゴロ。雨水の吸収が抜群の立地条件でテント内洪水の心配は一切なしの一等地でした。

東屋

 雨が降ってもここに非難すれば、ご機嫌、ご機嫌。雨がしのげてありがたい。 まさに宿泊地には最高の場所でした。 追伸:近くには鹿も住んでいます。

国民宿舎

 川沿いの露天風呂。きもちい~。

昼食

 最後はまともなお食事処で。

参加者名鑑


おしまい