リアルタイムふうOS キャラクタ表示LCDドライバ

RTF-OS LCD driver

MSC

Real Time Foo OS を使用したLCDドライバの作例。ドライバ本体タスクと初期化シーケンスを実行するタスクの2つのタスクで構成する。利用するタスク(メインタスクと表記)から初期化タスクを呼び出すことで起動する。lcd_mainタスクは初期化が完了すると不要となる。

Message Sequence Chart

API

名称 処理内容
init_lcd LCD関連タスク、イベントフラグ、メールボックスの初期化
lcd_clear 表示をクリアする
lcd_home カーソルをホームポジションに移動する
lcd_print_str カーソル位置に文字列を表示する
lcd_print_dec4s 16ビット符号付きバイナリデータを4桁の十進数とで表示する。負数は"-"を付加。
lcd_print_dec4 16ビットバイナリデータを4桁の十進数で表示する
lcd_print_dec3 8ビットバイナリデータを3桁の十進数で表示する
lcd_print_dec2 8ビットバイナリデータを2桁の十進数で表示する
lcd_print_dec1 8ビットバイナリデータを1桁の十進数で表示する
lcd_set_pos カーソルをx,y座標に移動する
print カーソル位置に文字列を表示する。失敗なら再試行、成功なら状態遷移する。
locate カーソルをx,y座標に移動する。失敗なら再試行、成功なら状態遷移する。
home カーソルをホームポジションに移動する。失敗なら再試行、成功なら状態遷移する。
clear 表示をクリアする。失敗なら再試行、成功なら状態遷移する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。