富士山

富士山

日本で一番高い標高といえば...。そう、富士山へ登りました。

富士宮五合目

登山口もっとも短時間で登れる富士宮ルートで富士山頂を目指します。駐車場がすでに標高2400mとあって私のボロ車は調子が悪いです。高度になれるために駐車場で1時間ほど仮眠しまました。

六合目

この先に宝永火口への分岐があります。天気もよくなってきましたのですが、ガスの流れが速く霧の中ではかなり濡れました。上だけレインウェアを着用しました。

新七合目

山荘は内装工事中でした。雲海がきもちよく広がっていました。

雲海

雲海の下に宝永山が隠れています。雲の上にきています。そんな実感がひしひしと。

オンタデと地層

登山道は火山の砂と溶岩が積み重なってできています。殺伐とした風景と思いきやオンタデなぞがたくさん咲いています。けっこう緑が広がっていて今後に期待できるのでは?

元祖七合目

ここではちょうどガスの中でした。ついに標高3000mを越えました。

八合目

八合目の小屋です。りっぱな小屋になりました。銀色に光り輝いています。

九合目

九合目小屋です。このあたりから空気が薄くなってきます?!なんちゃって。

万年雪

今年は雪の量が多くいつもより多くの雪が残っていました。

九合五勺

胸突山荘です。ここから山頂までは急勾配です。ですがもう一息!がんばりましょう。

奥宮

富士宮ルートの山頂です。左側に土産物屋と郵便局、トイレがあります。

剣ガ峰へ

富士山測候所のある剣ガ峰へ行きましょう。あそこが3776mの峰です。道中は風が強いので気を抜けません。

剣ガ峰からのながめ

写真は登ってきた富士宮ルートのゴール方面です。白い屋根の建物はトイレです。下の写真は爆裂火口です。実際目の前で見ると迫力があります。


ブル

帰りはブルトーザと競争。7合目までは踏ん張りましたがその後ぶっちぎられました。前後に走れるブルです。

ゴール!

駐車場出発地点の駐車場に着きました。スピーカーからの案内放送がとても耳障りでした。ちょっと頭痛を感じましたがこれも高山病なのでしょうか? 富士山の砂礫には2種類の植物がありました。

オンタデ

Photo: NIKON COOLPIX800

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。