富士山

富士山

1999年12月4日

富士山へ登りました。御殿場口2合目から登り、8合目からは長田尾根の安全柵(手すり)を頼りに登るコース。1999年に登ったコースに対し宝永山を省いたのですが、この日は風が強く時間がかかり苦労しました。

目指せ富士山頂!

朝の5時にヘッドランプを装着して出発。明るくなってくると富士山は目の前です。目の前にあるけど遠いんですねこれが。左にこんもりあるのが宝永山です。


宝永山と雲海

宝永山を見下ろすところまで上がりました。富士市の方面は厚い雲で覆われていました。みごとな雲海です。

7合目付近

かなり疲れてきました。気温は-5度くらいだったと思いますが、風が強くなってきて、体感温度はさらに寒いです。行く先を見れば雪煙が舞っています。

長田尾根

長田尾根開通の碑です。碑の左側にみごとな「エビの尻尾」が成長しています。そしてありがたい安全柵(手すり)があります。ここからは手すりをつかみつつ歩きました。手すりがなかったら撤退でした。ここから先は風が強くてカメラを出してかまえる余裕がありませんでした。山頂へは13時に着きましたが、剣ガ峰登頂は強風のためあきらめて急いで引き返すことに。

山中湖

風がくぼ地の各所で渦を巻いていました。「こっちへくるなー」とドキドキしながら下りましたので時間がかかり、下山は午後5時ごろになってしまいました。写真は頂上からかなり下ってきて雲が切れた時撮ったものです。後の情報でこの日の山頂での風速は22mだったそうです。富士山頂測候所のデータですので実際の体感は3割ほど大きな風速になるそうです。確かに手すりにしがみついていなきゃ飛ばされそうだったからなぁ。おかげで手袋はボロボロになってしまいました。また来年も行きたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。