沢口山

沢口山

2001年9月23日
沢口山は寸又三山のひとつで、寸又三山ではもっとも易しいとされています。あとふたつは前黒法師と朝日岳で、そのうち朝日岳を昨年の10月に登りました。朝日岳は展望の無い急登の連続でしたが沢口山はどうでしょう。

寸又峡温泉

沢口山へは新しい登山道ができたようで、立派な案内図が温泉街の途中にあります。一番西側の道路から登って行くコースで、そこは植林で展望がないということです。

私は以前から整備されているコースをとりました。登山口は温泉街の一番北側にある売店の裏にあります。最初は手入れがよい杉の植林帯をあるきます。なかなか急な登りです。

すぐに尾根に取り付いてからは自然な森になります。ササやミズナラなどが元気です。

古い看板もありました。

全体的にうっそうとした雰囲気の中を歩きますが、ところどころに展望がきく個所があります。朝日岳の方面が開けていました。できれば黒法師の方面を見たいのですが、もう少し木の葉が落ちれば林間に見られるでしょうか。

尾根はやせたり広く「段」になっていたり変化に富んでいます。上の写真は「木馬の段」です。展望地からは長島ダムが見えました。最近できたばかりのダムです。

ヌタ場とミズナラ

富士見台、を通り、雨池と鹿のヌタ場に着きます。広く落ち葉が積もってなかなかいい雰囲気です。その脇には大きなミズナラの木が立っていました。



沢口山

山頂には電波の反射板があって興ざめですが、そのおかげか展望はよかったです。


温泉♪

村営の野天風呂(400円)で汗を流しました。美女づくりの湯というらしく、お肌がツルツルになります。このあと蕎麦を食べて極楽ごくらく♪

SL

おまけおまけといってはなんですが帰りに寄った大井川鉄道の千頭駅にて。

Photo: NIKON COOLPIX800

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。