三ツ峠

三ツ峠

旧御坂トンネルへ向かう途中にある三ツ峠登山口バス停から三ツ峠へ登り、 北側の稜線をたどって御巣高山~清八峠~八丁峠~天下茶屋と歩きました。 今日のモデルは同行してくれたGUTAさんです。

登山口バス停から三ツ峠へ

三ツ峠登山口のバス停から歩き始めましたので、三ツ峠までは2時間弱で着きます。 三ツ峠山荘までは林道で、キャタピラの跡がありました。 その先に四季楽園という茶屋?があり、またその先に富士見山荘があります。 付近に公衆トイレもありますので休憩にもってこいです。

四季楽園に着くと大きな犬が寝そべっていました。しゃべりかけてもまったく反応しません。 でも目を薄く開けていてなかなか愛らしく白クマみたい。


三ツ峠

山頂に着きましたが今日は朝から雲りがちで期待した展望もまったくありませんでした。 休憩もそこそこに御巣高山へ。

御巣高山には電波塔が立っていてルートが不明瞭でした。 地図で稜線の地形と方向を確認し踏み跡をたどります。 どんどん下って行きます。

清八峠へ

清八峠への稜線はしっかりした踏み跡があって迷うことはありません。

でも歩きやすかったりササに覆われた所もあったりで変化に富んでました。


清八峠のピーク

清八峠には電波塔があり(この辺りは電波塔だらけですね)そこから少し北へ 進と写真のような岩場があって眺めのいいピークにでます。 小広いピークは2ヶ所あって休憩ができます。ここでランチにしました。 晴れていればすばらしい展望なのでしょう。今日はいい写真は撮れませんでした。

八丁峠へ

電波塔まで戻ってルート確認。八丁峠へ向かいます。 八丁峠まではブッシュも薄いのですが、八丁峠からは踏み跡こそあるもののブッシュぶっしゅです。 峠から林道へ下るルートがあるので、稜線をたどる人が少ないのでしょうか。しかしながらブッシュを抜けると展望のいいピークがあります。河口湖と町並みが見えました。 しかし!写真は露出アンダーで失敗しちゃいまいした。晴れていれば富士山もきれいなんじゃないかな~。


太宰治の文学碑へ

そして天下茶屋への下山道の標識がでてきます。私はここで間違えて旧御坂峠まで行くところでした。 (そしたら車の回収が大変)天下茶屋に近づくと文学碑があります。以前はもっと稜線に近い所にあったような気が...。 動かしたのかな。

旧御坂トンネルと天下茶屋

天下茶屋につくと観光の方々で賑わっていました。 ここからもいい景色が見れるのですが今日はあいにくの曇り。 特に富士山が初冠雪した時の眺めは大好きです。


旧道のトンネルはなんか怪しげな雰囲気ですね~。勾配があって出口が見えません。 天井の白いランプも怪しさを助長させています。

ここからは20分ほどで出発地点の三ツ峠登山口バス停に戻れます。車を回収し、日帰り湯で汗をながして帰りました。 同行のGUTAさんありがとうございました。

けっこういいかげんに花の名をつけてる私ですが、 花の同定にはいつものようにHMLの方から協力頂きました。曽根さんありがとう!

ハクサンフウロ

ノアザミ

ウド

マツムシソウ

?1

シオガマギク

?2

トリカブト

アキノキリンソウ

?3

ママコナ

ホタルブクロ

Phot: NIKON COOLPIX800

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。