毛無山

毛無山

2005年1月30日

前日に雪が降ったようなので新雪を踏みに毛無山へ行った。

集落の登山口富士宮 朝霧高原にある麓集落から南尾根をひたすら登る往復コース。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0097.jpg

登り口から毛無山を見上げると日当たりがよい南斜面は途中まで雪がないようだ。だが上部の木々は白く輝いている。早く上に行ってみたい。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0099.jpg

一合目から四合目、不動の滝

今日はアイゼン歩行の訓練をするため二合目からアイゼンを装着しピッケルを手にして登った。雪が出たり出なかったりの尾根歩きは10本歯のアイゼンを付けているととても歩きづらいものだ。不動の滝は凍っていなかった。水がちょろちょろ流れている。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0105.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0101.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0104-1.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0107-1.jpg

毛無山で見かける人たちに追い抜かれていく。彼らは常連組だから...。なんて、実は私の体力が落ち、体重が増えた結果なのだ。四合目から雪が増えて雪山らしくなってきた。雑木林と雪のコントラストがきれいだ。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0109.jpg

五合目から六合目

五合目の手前にある広場は雪で埋まっていた。かつて広場にあったマツダランプの看板は五合目に移動されていた。このあたりからは登山道が雪で埋まり歩きやすい。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0114.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0111-1.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0117-1.jpg

八合目、霧氷

八合目まで来ると木々に氷がはりついてぴかぴか光っていた。霧氷である。とてもきれいなのだがうまく写真に納められない。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0126-1.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0120-1.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0133.jpg

富士山展望台

富士山展望台からは富士山や駿河湾のすばらしい景色を堪能できた。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0134-1.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0136.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0138-1.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0142.jpg

九合目

九合目を過ぎると稜線までもう一息。

南アルプス展望台

稜線にでるとすぐに大きな岩があり、そこからの南アルプスの展望はよかった。他に八ヶ岳も見えた。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0147.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0148.jpg

稜線の霧氷

稜線を毛無山の山頂まで歩く。雪が深いがさらさらの気持ちのよい雪で、楽しい。霧氷が貼り付いた木々がファンタジっく。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0153.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0157-1.jpg

山頂

霧氷の木々と山名票の後ろに見える富士山。絵になるな~。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0155.jpg
https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0158.jpg

帰りは来た道を戻ったが、多くの登山客とすれ違った。標高が低い部分の雪はシャーベット状でアイゼンの裏でダンゴになってしまい、歩く姿は花魁道中なのだった。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0122-1.jpg

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0168-1.jpg

Photo: NIKON COOLPIX4300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。