八森山・三星峠

八森山~三星峠

昨年の11月に安倍奥の八森山へ登った。北東の尾根から登り北へのびる尾根で二王山つなげるルートであった。今日は東の尾根から登り南の尾根を下り、三星峠を越えて中平へ下りようと計画。下山ルートで道を誤って登り返すなどしたために予定より下山が遅れてしまった。ルートの詳細はがんじゅ氏の記録に譲るとして私は例によって軽い日記風で紹介しよう。

渡から

この冬は暖冬という予報だったが寒い日が続く。しかし冬型の気圧配置が強く太平洋側では雪や雨が降らない。安倍奥も山伏まで行けば雪が多くあるのだろうか。寒い。雪の心配もありアイゼンを携行した。山肌を見る限り雪はなさそうだったが。前回と同じ渡(ど)の吊り橋付近に駐車する。吊り橋を渡り、渡りきった所の尾根の南側の尾根に取り付き登っていく。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0001-10.jpg

吊り橋 2006/1/8 9:33

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0002-7.jpg

これから取り付く尾根 2006/1/8 9:36

登り

はじめはいつものように急斜面の植林の中の登りだ。尾根を外さないように一番高い背に沿って歩く。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0003-8.jpg

登りはじめ 2006/1/8 9:41

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0011-7.jpg

安倍川東岸の山 2006/1/8 10:05

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0012-4.jpg

眼下の集落 2006/1/8 10:06

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0015-8.jpg

安倍川東岸の山 2006/1/8 10:17

お茶畑と作業小屋

しっかりした踏み跡を何度か横切る。モノラックが現れお茶畑と作業小屋があった。さらに上部には小屋の跡と石垣がある。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0019-5.jpg

作業小屋 2006/1/8 10:27

そして踏み跡は薄くなり、登り勾配がどんどん急になってくる。雪はなく植林のため落ち葉も積もっていないため足場が滑ることはない。しかし急だ。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0023-6.jpg

急斜面 2006/1/8 10:52

八森山

ようやく斜度が緩くなると北東の尾根と合流し笹藪が出てくる。これを進むとすぐに八森山の山頂だった。下山は南の尾根を下りるのだがここで道を誤った。薄い踏み跡を頼りに西の尾根へ進んだのだ。踏み跡はあるが笹が濃い。急な笹藪の斜面をトラバース気味にどんどん降りていく。地形が予定と違うので間違いに気づき来た道を戻る。山頂で一休みした後になんとなく歩きだすとこんな目にあう。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0030-5.jpg

ささ藪へ 2006/1/8 11:14

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0037-8.jpg

八森山 2006/1/8 11:41

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0043-3.jpg

道を誤る 2006/1/8 12:19

道誤りと修正

進路を修正し気を取り直して歩き出す。この先のポイントは三星峠なのだがその場所は曖昧なものだった。尾根から尾根へ乗り移るような場所にあるのだ。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0045-7.jpg

三星峠の道標 2006/1/8 12:35

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0047-3.jpg

鹿柵 2006/1/8 12:40

この辺りでは順調に思えた。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0049-8.jpg

真富士山 2006/1/8 12:48

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0050-5.jpg

竜爪山 2006/1/8 12:48

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0052-3.jpg

わかりやすい尾根 2006/1/8 12:54

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0053-5.jpg

三星峠への道標 2006/1/8 12:58

道誤りその2

わかりやすい尾根をずんずん下っていくと途中に狩猟用の散弾を入れるケースがたくさん捨てられていた。そこで休憩するも道誤りに気づかなかった。そしてさらに下りてしまう。植林の間から頭上に送電線が見えてきた。そして送電線の鉄塔が見えた。おかしい。左に見えるはずが右に見えるのだ。ここで間違いに気づいたのだった。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0057-10.jpg

道誤り中 2006/1/8 13:09

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0059-3.jpg

散弾ケースのゴミ 2006/1/8 13:14

このまま下れば柿島の集落に出る。地形図では波線路で、とにかく現在位置が分かった。このまま下りるか、道を戻るか考えるべきところだが、あまり考えずに登り返した。

三星峠

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0067-3.jpg

軌道修正中 2006/1/8 13:55

150m以上は登り返しただろうか。三星峠はわかりにくい峠で急斜面をおそるおそる下りていくと突如現れる。地形図を見るとここから波線路で中平まで行けるようだが遭難も起きているルートである。そっちはやめよう。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0068-5.jpg

軌道修正中 2006/1/8 14:34

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0070-7.jpg

藪の中を急降下 2006/1/8 14:44

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0071-5.jpg

三星峠 2006/1/8 14:47

中平下降点

日も暮れ始めていたためわかりやすい送電線の巡視路を下りることにした。三月山へ向かう稜線上にある

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0072-7.jpg

目標とした送電線鉄塔 2006/1/8 15:07

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0073-4.jpg

巡視路を利用した登山ルート 2006/1/8 15:11

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0075-7.jpg

井川の山々 2006/1/8 15:15

下山路でほっとする

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0077-4.jpg

巡視路を下ると残雪 2006/1/8 15:16

北斜面には残雪があった。日が落ちていくと山に斜めから日が差してかっこよかった。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0079-6.jpg

斜陽で立体的だった 2006/1/8 15:26

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0090-5.jpg

青笹 2006/1/8 15:37

中平

下山するとすぐに辺りは暗くなり、車に着くころには真っ暗になってしまった。自分たちの計画の甘さを知る山行であった。反省。

https://yanmos.net/wp-content/uploads/2022/03/dscn0097-10.jpg

中平 2006/1/8 16:10

Photo: NIKON COOLPIX4300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。