大根沢山

大根沢山 (2239m)

大根沢山は大無間と信濃俣の間にある山です。2万5千分の1地形図は畑薙湖になります。がんじゅさんに同行しました。

登山開始

井川ダムの上流に第2ダムの少し上に赤石温泉という無料の温泉があります。そのさらにすこし上に林道の入り口があり、明神谷林道といいます。入り口付近に車を駐車して荒れた林道を歩いて登ります。

尾根の取り付き

以前オートバイで明神谷林道を登った時に、林道の荒れぶりは分かっていたので適当な所で尾根に取り付きます。急な植林を汗だくになって登りました。蒸し暑くコース上に水場もなく水を担いだので大変でした。

送電鉄塔から

畑薙第一ダム1075m付近にある送電線用の鉄塔から見た眺めです。畑薙第一ダムがよく見えます。この時点でかなり疲れてしまいました。

1397.9m三角点

写真が三角点で目立ちにくくうっかり確認せずに通り過ぎるところでした。尾根はヒメシャラやシラビソなどの自然林で気持ちの良い森林です。しかしながら道標はなくコンパスで位置を確認しながらの前進となります。


山の神さまと2112.2m三角点

写真は尾根上にあった神様です。そして急登の先にある三角点で北からの尾根と合流し、傾斜はなだらかになります。この辺りでテントを張ってもよさそうです。


シラビソの密林にテント泊

静寂なシラビソの密林です。この山域のよさが出ています。かなり日が傾いてきました。三角点から少し下った林間に野営することにしました。この日はかなり疲れました。


大根沢山 山頂

明くる朝もよい天気に恵まれました。山頂手前は尾根が広がっていてルートが分かりずらく注意を要します。しかしそこはがんじゅさんの的確なルートファインディングで難なくクリア。無事山頂につきました。実に静かな雰囲気のある山です。山頂標識も目立たずうっかりすると通り過ぎちゃうのでは。

富士山

尾根の2100m付近から富士山がのぞけました。いつもながらどこから見てもよい形ですね。

2135m付近からの展望3景



ギンリョウソウ

ゴゼンタチバナ

Photo: NIKON COOLPIX800

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。