赤岳

赤岳(八ヶ岳:2899m)

1998年11月22日

真教寺尾根より赤岳を見る

今シーズン初の冬山。昨夜のうちに美の森に入り「たかね荘」のキャンプ場で宴会。明くる朝は3時に起床し暗いうちから歩き始めました。ルートは牛首山を経て真教寺尾根で赤岳を目指しました。

真教寺尾根より天狗尾根を見る

天狗尾根はなるほど天狗の鼻のような岩がいくつもあります。この日は朝からよく冷え込んで指の先がつらいのですが締まった空気に霧氷がすばらしく映えていました。私も仲間も感動していました。厳しい寒さと霧氷の美しさ。

赤岳への厳しい登り

真教寺尾根は想像していたよりも厳しい登りでした。頂上直下は岩となり鎖場の連続となります。寒さが厳しいせいか両手両足の疲れが激しい。あろうことか毛糸の手袋では鎖にくっついてしまい いやらしかった。

霧氷

ダケカンバの霧氷の広がりが美しかったです。

赤岳山頂

一番高いところが山頂で右側が山頂小屋です。私は初めて快晴の赤岳に登ることができました!(いつもガスでした) 噂どおりのすばらしい展望でした!

権現岳を見る

以前登った権現岳方面を見ました。この後は急に雲行きがあやしくなり、雪が降ってきました。さすが冬山。足早にキレット小屋を越えて、ツルネ新道を下りました。出合小屋までが長いこと長いこと。でもしんしんと今年はじめて見る降雪にちょっとうきうきして歌なんか歌ってました。「雪がしんしんと降り積もる」ってこういうことなんだ。と妙に納得。周囲が暗くなってしまい疲れたメンバーもいたことから出合小屋でビバークも検討しましたが 思ったよりも元気なので一気に下りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。